交通事故のむちうちとは

交通事故のむち打ち(むちうち症)について

 

むち打ちも症状により治療方法や症状は様々です。 交通事故によるケガでお悩みの方は、福岡市博多区博多駅前の體整骨院にお任せください。

一般的に交通事故によって起こる頚部の痛みを「むち打ち症」と言いますが、医学的には、外傷性頚部症候群を「むち打ち症」と理解されている事が多いようです。

この外傷性頚部症候群(むち打ち症)は各病態により大きく分けて6つの型に分類する事ができます。

 

むち打ちの原因

 

後方・側方・前方から追突された等、頚椎(首)・胸椎(背部)・腰椎に外力が加わり、その関節が持つ運動範囲以上の動きを強制される事により、筋肉や靭帯、関節包などに損傷を惹き起こした状態です。

強制の程度によりますが、重篤な場合は骨折や脱臼などを起こす場合もあります。

 

むち打ち損傷とは?

 

追突事故などの衝撃で、首の骨である頚椎が過度の屈曲後、過度に伸展する「むち」のような動きを強制されることによって発生する、頚椎捻挫の総称です。

頚部の痛みや頭痛・肩こり・手のしびれ・顎関節の障害・首や肩の運動制限など様々な症状を引き起こします。

通常、後方からの衝撃により頭(後頭骨)を支えている第一頚椎に損傷をうけます。

それにより、後頭骨と第一頚椎を繋いでいる筋肉(後頭下筋群)に障害がおき、後頭骨と第一頚椎の間の関節にズレが生じ、それにより頚椎の生理的弯曲である前弯カーブが減少し、ミリタリーネックというむちうち症特有の症状が出現します。

また、後方からの衝突による振り戻しによって、頚部の前面部の筋肉が収縮してミリタリーネックを助長します。

また、なかなか症状が回復しない場合などは、脊髄を覆ってる脊髄硬膜に異常を起こしているケースが多く見受けられます。

他には衝撃の強さや個人の体質・年齢の違いなどでも治癒にかかる期間に差が出ます。

體整骨院公式Facebook

スタッフ紹介

系列店